ハートブレイクのドキドキ日誌
GNO2・キャリフォルニア鯖にて日々ジオン軍と戦闘を繰り広げている連邦軍チーム【TIMBER WOLVES】の戦記(言い過ぎ)です。


プロフィール

ハートブレイク

  • Author:ハートブレイク
  • GNO2 キャリフォルニア鯖・連邦軍所属
    Team TIMBER WOLVES 隊員



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


青龍隊卒業 BD奪還成功 キャリ連がひとつになった日 その1
 青龍隊での毎日は、本当に充実していた。
 僕は連邦軍の任務ランキング、17位の位置にいて……このまま頑張れば15位以内に入れるのでは…? なんて考えていた。

 連邦軍の上層部より任務を受け取り、チームの方々に協力を要請する。どんな時間であっても、青龍隊の方々は必ず誰かが支援をしてくださる。……これが巨大チームの圧倒的な力なのだろう。
 今回の作戦、ジオン軍がマドラスを攻略しようとしているのを阻止する作戦は、順調に進んでいた。

 そんな時、Timber Wolves──僕とリアン隊長で立ち上げたチームから、通信が入った。「貴様、地上になんかいるんじゃない!! 宇宙に上がってきてBDを奪還するんだ!!」と。

 何を言っているんだ? そう思った。
 今、作戦地は地上、南アジアだ。地上で任務をしている方が、ポイント高いじゃないか!! 僕の足を引っ張らないでよ!!
 そんなことを思ったりもした。

 でも、隊長、副長には逆らえない。
 そんな気持ちで僕はしぶしぶ宇宙に上がって任務をしたりもした。
 地上で任務を繰り返し、たまに宇宙でBDを奪還しようとした。
 ……そうこうしているうちに、ランキングが下がった……。

 僕はブルーディスティニーのコックピットで愕然としていた。
 ランキングが下がったのだ。
 そこへ再び宇宙への支援要請が入った。

「もう宇宙での任務はたくさんだ!!
 青龍隊に留学させて頂いて、僕はここで結果を残したいんだ!!」

 そう叫ぼうとした時だ。
 ふと、宇宙に目を向けてみる。
 最初は数人の兵士しかいなかった宇宙に……大勢の連邦兵士たちが小隊を配置しているのが見えた。

 僕なんかが足元にもおよばないランキング上位の方。
 いつも笑顔で通信を入れてくれる方。
 初めて僕に戦術を教えてくれた方。


 皆が盗まれたBDを奪還すべく、宇宙にいた。
 ジオン軍と戦うべく、連邦軍兵士たちがそこにいた!

 ……僕は……目が覚めた。
 いったい僕は何のために今まで戦っていたんだろう。
 人よりも上の順位にたちたい。
 じゃあ、その人って誰だ?
 その人は、同じ連邦軍の兵士じゃあないのか!?
 僕は連邦軍の軍人でありながら、連邦軍の軍人を相手に戦争をしていたんじゃないのか!?

 僕の本来の目的。
 それは、地球に攻め入ってきたジオン軍と戦うことだったはずじゃないのか!?

「小隊長~ 宇宙上がらないとリアン隊長に後で怒られるよ~」

 意地の悪い声で、ジギィが通信を入れてきた。
 この言葉をきっかけに、

「そうだな…リアン隊長に怒られるのは真っ平ごめんだな」

 それを言い訳に。


 僕は宇宙へと上がった。


▲つづく
スポンサーサイト

誇り高き精鋭部隊
 こんなに、死んだように眠ったのは何年ぶりだろうか。
 夢さえ見ずに、ただ死んだように眠りこけていた。

 目が覚めた時、賑やかな声がとても印象的だった。
 まだ朝焼けが目に痛い朝、ジム陸戦用のコックピットのスピーカーからは様々な方の声が響いていた。
 ああ、そうだ…無線のスイッチを入れっぱなしで眠ってしまったんだ…。
 昨日の夜、チームでの会話が盛り上がり、僕は夢中になったまま眠ってしまったようだ。隊員達の笑い声に安堵したままの眠りは、ここ数年来の安眠を与えてくれたのだった。

 ……そう、僕は隊員達が昼夜を問わず情報を交し合う超巨大チーム、【青龍隊】に入隊させて頂いていた。



 Timber Wolvesから、青龍隊へ。
 一作戦だけの、留学にも近い移籍。
 連邦軍の兵士として、栄誉ある青龍隊に入隊させて頂いた事はとても光栄なことだ。常にトップに名前を連ねる精鋭たちに、一歩でも近づけよう、頑張りたいと思う。

 僕はジム陸専用の無線を切り替え、小隊に声をかける。



「とりあえず、お腹空いたからどっか食いに行く?」


 南アジア地域では、ジオン軍のマドラス攻略作戦が開始していた。



△こ・と・ば・づ・か・い・が~
 おかしいのは、生まれつきなのよ~。

 はい。日本語の使い方が間違っている時の言い訳から。


 青龍隊、半端ねえ。
 何というか、兵士ひとりひとりが、きちんと目標もって戦っている感じ。というか、チームの誰かをみなでサポートみたいな。そんな、すげー、半端ねえ!!
 ……このままずっとここにいたら……いやいやいやいや!!


 いやいやいやいや!!


 後最近エリチャで僕をいじめるのやめてください。
 癖になっちゃいます。あふん…(゚Д゚;)エエエエ


blog_20051026


 わっ、僕、青龍隊だ!! な、一枚。

連邦軍の弱点
 宇宙は寒くて、暗くて、孤独だ…。
 MSの電源を全て落とし、無音の宇宙に漂ってみる。

 耳鳴りの音しか響かない空間を、久しぶりに体感し、落ち着かない。
 すぐさまMSを起こし、無線を開く。

「ネイチャ中尉~!
 誰もいないよ~~!」

 ……どうしたことか。
 連邦軍の兵士が誰もいないのだ。
 誰もいない。
 これほどまでに人がいない空間があっていいのだろうか。

 ネイチャ中尉と共に任務を繰り返した。
 連邦軍上層部に認められるため、戦功を数値にして頂き、昇進するために。
 が! しかし!
 作戦地サイド4には、ジオン軍のMSばかりで、連邦軍の味方がいないのである。

 任務は3人いなければ行えない。……後、1人がいないのだ。

 僕はコックピットの中で珍しく煙草に火をつけた。
 煙が充満するコックピットの中で、地球に残っている連邦軍兵士達に怒りすら覚えた。

 しかし、このイライラが…変な話ではあるが、喜びのスパイスとなっていた。


 ──宜しくお願いします。

 それまで真っ暗だったメインモニターに、水色の文字が浮かび上がる。
 友軍が支援してくださったのだ。
 この時の喜びは、計り知れないものがある。

「宜しくお願いします」

 と僕。了解と、支援してくださった方。
 こんな簡単なやり取りでさえ、嬉しく感じてしまう。

 ネイチャ中尉と任務を繰り返す日々の中で、僕は友軍の大切さをまたまた知ることとなった。


 余談だが、ネイチャ中尉の協力のおかげで僕は現在連邦軍任務ランキング、23位に位置して頂いている。
 こんな素敵な友人を与えてくれた神様には、本当に感謝している。



▲そんな神様の悪戯! 補給値がー!
 やあ、宇宙での任務はつらいっすー。
 でも、そんな辛い所が結構好きだったりもします。ええ。

blog_20051019



小隊長、レーダーに友軍がいません、1人も!
 我々、Timber Wolvesは連邦軍の為に日夜戦い続けている!!
 そう言い切れるのであろうか?
 いや、言い切れない!

 鬼、ことリアン隊長の姿を全くといっていいほど見かけないのだ。
 それどころか、副長も、エースパイロットシャイン大尉も、ジン少尉もいない……皆、皆どこへ言ってしまったの!?(゚Д゚;)

 ……コホン。
 ジギィがポツリと言った。
「巨大チームはチーム専用回線が賑やかでいいなぁ…」

 待ってくれ。
 思い出して欲しい。僕とリアン隊長で立ち上げたチームのことを。
 Timber Wolvesの旗を作り、MSにロゴもペイントした。
 皆で助け合って戦っていたあの頃……。


「(戦功が)確定の補給基地襲撃任務がありますが、一緒にやりますか?」

 突然通信が入った。
 チーム“青龍隊”のHEESEY大尉だ。
 HEESEY大尉は、Timber Wolvesから青龍隊に戻った後もこうして声をかけてくださる心優しい方だ。
 そんな彼が所属するチーム、青龍隊は超巨大チーム。
 ほぼ毎日、緑色の文字で楽しいチャットが繰り広げられているそうな。

 ……いいなあ……。

 占領した補給基地で、アッガイを手に入れた。
 ものめずらしいジオン軍のMSを、クォヴァディスとジギィが操縦し遊んでいる。

「お疲れさま」とHEESEY大尉。
「お疲れさまでした」と僕。

 ああ、皆で任務をやるのは楽しい。
 そう思うのである。


 思うのである。



▲チームメイトがいないんです!
 次の作戦ではどっか旅に出ようと思います!
 流浪してやるー!

RX-78 ガンダム
 最近、徹夜続きの任務が続いていた。
 ジオン軍のMS部隊と戦い終わったころには朝日が上がってきていた、なんてことは日常茶飯事である。

 そういえば、HEESEYさんとはチームが変わった今でも個人回線でさまざまな会話をさせて頂いている。ありがたいことだ。

 話を元に戻す。
 現在僕たち小隊は、連邦軍の作戦、北米反攻作戦を展開中だ。
 地球にコロニーを落とした連中を、再び宇宙へと追い出す任務である。

 数々の任務を上層部から与えられた。
 疲弊し、疲れ果てた僕の小隊に、ジオン軍のMS部隊が襲い掛かってきたのは、上ってきた朝日が先行量産型ジム地上用をオレンジ色に染めてきた頃だった。

「やっばいって!」

 小隊の盾としての役割である、ジン・エドワーズが悲鳴を上げた。
 悲鳴、絶望の雄叫び。
 人間同様、MSもまた疲弊しきっていたからである。
 弾薬の少なくなったデプ・ロック、右腕が吹き飛んだジム……敗北は必至である。

 敵MSの機体が、容赦なくヒートホークを振り上げたその瞬間、

 白い機体が飛び込んできた。
 僕の機体と、ジオン軍MSの間に割って入ったその人を、確認する。 
 デコ・ソウサ少尉。
 チームRising Sunの兵士。

 白い、見たこともない機体。
 これが噂の……ガンダムだ……。
 そう気づいたのは、白い機体の驚くべき力。
 たった一撃にして、ジオン軍のMSは大地へと崩れ去った。
 マシンガンをものともしないボディ。
 圧倒的なスピード、そしてパワー。

 連邦軍が限定で補給を開始したと噂されていた、あのガンダムが目の前に現れたのだった。

 大地に崩れ去ったジオンMSたち。
 助けて頂いたデコ・ソウサ少尉に通信を送る。

「それが、ガンダムですか。
 …強いですね」

 素直な感想。
 すると、少尉からも通信が返ってきた。

「強いです」と。

 僕は自らの小隊に配備されたMSたちを見つめる。
 ボロボロに疲弊しきったMSたち。
 こいつらにも、楽をさせてあげたい。
 そう思った。

 翌日、僕の小隊にガンダムが導入された。


▲ふーんふふふーん、ガンダム♪
 これで最前線も余裕ッチ……甘かったです。
 ガンダム、昔ほど強くない?(笑)
 とりあえず、パイロットたちの反応数値をあげてあげよう。


HEESEY大尉お疲れさまでした。
 我々の部隊は、今、まさにジオン軍の補給基地を占拠しつつある!!
 戦功を確実に頂ける任務であるだけに、この補給基地には重要な何かがあるに違いない!!

 一緒に任務を行っているHEESEY大尉は本日で我々のチーム【Timber Wolves】から脱退し、元の青龍隊へと帰ってしまう。
 この任務でジオン軍の主力MSを発見し、それをお土産に渡そう!!

 ジオン軍のMS部隊の反撃は凄まじかった。
 だが、今日の僕たちは勢いが違う。
 各々が120パーセントの力、いや…6兆億パーセントの力を出し、ジオン軍の補給基地を占拠した!!

 ジオン軍のマサド大尉を捕らえ、この補給基地に眠るMSのありかを聞き出そうとした。
 しかし、一向に口を割らないマサド大尉。
 挙句には「この基地にMSは残っていない」等と言い出す始末。
 往生際が悪い奴だ、と僕はリアン隊長から教わったやり方(マサド大尉の口の中に拳銃を叩き込む)で、なおもMSのありかを問うた。
 両目から涙を流し、股間に染みを広げながら、それでもマサド大尉は首を左右に振った。

「もうそれぐらいでいいでしょう。
 残念ですが、MSは本当に残っていないのでしょう」

 老兵、カイザー・ソゼが僕の肩に手をポンと置いた。
 ……そんな馬鹿な……ことが……。

「くそっ、くそ野郎っ!!」

 僕はマサド大尉の口の中に入った銃の引き金を──

「止めましょう。そんなことをしても無意味ですよ」

 振り返ると、そこにはHEESEY大尉の姿が。
 彼はMSが見つけられなかったことで、頭に血が上っている僕になおも続けた。

「また補給基地を探せばいいだけですよ」と。


 兵士とは思えぬ、さわやかで穏やかな物腰。
 僕は何度も彼の、こういう態度に助けられていた。
 そして、今も。

 引き金を引き、マサド大尉を射殺すれば、僕は軍規を破った罪で軍法会議にかけられていただろう。HEESEY大尉の一言で、僕は我に返ったのだ。

「次こそグフを獲得しましょう」

 本日18:30でTimber Wolvesを去っていくHEESEY大尉の笑顔。
 この笑顔と共に戦える時間は、もう1時間も残ってはいない。
 わずか数十分で補給基地を探せるかは、分からない。

 だけど、この最後の時間を、僕は思い出に刻み込む為に、大切に過ごしたいと思う。



▲怒りに任せた文章は(結局まだ怒ってるんかい)後で見ると「なんじゃこりゃ?」と思うほど汚くなっているはず…。
 見てくださっている方(がいれば)相当見苦しい文章ですなあ。
 ……色々すいません。何よりHEESEY大尉、ごめんなさい(笑)

 さあ、グフをゲットしましょう!! グフを!!


吃驚するぐらい日が経ってしまった…
 色々、あったことを整理してみよう。
 まず、僕たちの部隊は地上でジオン軍を迎え撃ち、防衛に失敗した。
 次に連邦軍兵士であったことを誇りに思えるような出来事に遭遇した。

 初の宇宙での任務は、隊員のジギィが馬鹿みたいにはしゃいだ事が記憶に残っている。クォヴァディスは相変わらず新兵器の発表に敏感だ。

 そうだ、我々のチーム【TIMBER WOLVES】に新しい仲間が加わった。
 正式には、ゲストアドミラル…つまり期間限定で我々に協力して下さる方だが……。
 青龍隊の戦士、HEESEY大尉だ。
 彼とは過去に何度も任務を行ってきた。
 ……というよりは、一方的に協力して頂いた感がある……。

 コホン。
 そんなHEESEY大尉が、我々の仲間になってくれた。
 今まで何の通信も入らなかったチーム回線が、活気付いた。
 ジオンのMSに片腕を持っていかれた時、もうダメだとくじけそうになった瞬間、仲間の声が聞こえてきた。

「俺は……まだ、頑張れる……!!」

 そう思うことが出来た。
 仲間という存在が素晴らしいことを、再び実感することが出来た。

 今、連邦軍が宇宙─ジオン軍が占拠しているサイド4への反攻作戦を行っているが…このペースだと恐らく失敗であろう。本来であれば、士気が下がり自分が連邦兵士であることを恥じたかもしれない。

 けれど、仲間の存在が僕を再び戦場へと運ばせてくれる。
 戦場には多くの連邦軍兵士達がいて、互いに励ましあい、ジオン軍たちと戦っている。
 今回の作戦が失敗したからと言って、まだ負けたわけじゃない。
 そう思わせてくれる、不思議な力がある。


 HEESEY大尉と、色々な任務を行った。
 違うチームの仲間としてではなく、同じチームの仲間として。
 この素敵な思い出があるから、僕は最後まで戦えると思う。

 再び、陸戦専用ガンダムのコックピットで、僕はそう思うのであった。



☆しばらく放置プレイ!!
 会社が引越しという大惨事(惨事ではないのだが…)のおかげで、ネットが繋がらない、仕事が忙しいで、もうウンザリ!!

 ただいま、キャリフォルニアの土地!!
 ただいま、GNO2!!
 ただいま、連邦軍!!

 とか言う。
 さて、また明日から頑張ろう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。