ハートブレイクのドキドキ日誌
GNO2・キャリフォルニア鯖にて日々ジオン軍と戦闘を繰り広げている連邦軍チーム【TIMBER WOLVES】の戦記(言い過ぎ)です。


プロフィール

ハートブレイク

  • Author:ハートブレイク
  • GNO2 キャリフォルニア鯖・連邦軍所属
    Team TIMBER WOLVES 隊員



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吃驚するぐらい日が経ってしまった…
 色々、あったことを整理してみよう。
 まず、僕たちの部隊は地上でジオン軍を迎え撃ち、防衛に失敗した。
 次に連邦軍兵士であったことを誇りに思えるような出来事に遭遇した。

 初の宇宙での任務は、隊員のジギィが馬鹿みたいにはしゃいだ事が記憶に残っている。クォヴァディスは相変わらず新兵器の発表に敏感だ。

 そうだ、我々のチーム【TIMBER WOLVES】に新しい仲間が加わった。
 正式には、ゲストアドミラル…つまり期間限定で我々に協力して下さる方だが……。
 青龍隊の戦士、HEESEY大尉だ。
 彼とは過去に何度も任務を行ってきた。
 ……というよりは、一方的に協力して頂いた感がある……。

 コホン。
 そんなHEESEY大尉が、我々の仲間になってくれた。
 今まで何の通信も入らなかったチーム回線が、活気付いた。
 ジオンのMSに片腕を持っていかれた時、もうダメだとくじけそうになった瞬間、仲間の声が聞こえてきた。

「俺は……まだ、頑張れる……!!」

 そう思うことが出来た。
 仲間という存在が素晴らしいことを、再び実感することが出来た。

 今、連邦軍が宇宙─ジオン軍が占拠しているサイド4への反攻作戦を行っているが…このペースだと恐らく失敗であろう。本来であれば、士気が下がり自分が連邦兵士であることを恥じたかもしれない。

 けれど、仲間の存在が僕を再び戦場へと運ばせてくれる。
 戦場には多くの連邦軍兵士達がいて、互いに励ましあい、ジオン軍たちと戦っている。
 今回の作戦が失敗したからと言って、まだ負けたわけじゃない。
 そう思わせてくれる、不思議な力がある。


 HEESEY大尉と、色々な任務を行った。
 違うチームの仲間としてではなく、同じチームの仲間として。
 この素敵な思い出があるから、僕は最後まで戦えると思う。

 再び、陸戦専用ガンダムのコックピットで、僕はそう思うのであった。



☆しばらく放置プレイ!!
 会社が引越しという大惨事(惨事ではないのだが…)のおかげで、ネットが繋がらない、仕事が忙しいで、もうウンザリ!!

 ただいま、キャリフォルニアの土地!!
 ただいま、GNO2!!
 ただいま、連邦軍!!

 とか言う。
 さて、また明日から頑張ろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

3日目。効果が出てきた


ぬかりは無い!いざ出陣!【2005/10/03 18:58】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。