ハートブレイクのドキドキ日誌
GNO2・キャリフォルニア鯖にて日々ジオン軍と戦闘を繰り広げている連邦軍チーム【TIMBER WOLVES】の戦記(言い過ぎ)です。


プロフィール

ハートブレイク

  • Author:ハートブレイク
  • GNO2 キャリフォルニア鯖・連邦軍所属
    Team TIMBER WOLVES 隊員



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北米降下作戦/防衛失敗
 土日は、色々な都合から日誌の更新は出来ないのだが、今日は書かずにはいられない。連邦軍支配下にある北米が、ジオン軍に占領されてしまったのだ。……宇宙から大量のMSを降下させてきたジオン軍、それに対して連邦軍の装備はあまりに貧弱過ぎた……。

 僕が防衛のために立っていた地が、今日を境に敵地へとなってしまったのだ。

 それは数日前のこと……とあるパン屋の少女が、休息中の僕らの部隊に駆け寄ってきてこう言った。

「私の家、ジオン軍に盗られちゃうの?」

 戦地にいる市民の不安は、幼い少女にも伝染していたのだ。
 我々は彼女の不安に、笑顔で応える。

「宇宙人たちから君達の家を守るのが、僕たち連邦軍の仕事なんだよ。
 絶対に大丈夫だから。安心して、家におかえり」

 少女はパッと顔を明るくし、手に持っていたカゴを「はい」と、僕に差し出す。
 中には焼きあがったばかりの、ふっくらとしたパンが入っていた。

「ぜったい負けないでね」

 少女は恥ずかしそうに微笑むと、駆けていってしまった。
 パンを一切れ口に入れると、ふんわりとした感触と、パン独特の甘さが広がった。僕らの小隊は、この一件で士気が上がり、ジオン軍との戦闘を続けることが出来た。


 あの少女の笑顔は、もう見られないのか?
 焼け崩れた瓦礫の山。
 少女の家は、跡形も無く消えていた。

 僕はジオン軍を絶対に許さない。
 そして、再びこの土地を地球人たちの支配下に置くために、僕たちはこれからも戦い続ける!!


 ▲……というわけで、北アメリカがどういう状況なのかは置いておいて。前クールとは奇跡の防衛劇を見せた連邦軍だったのに、今回は惜しくも敗戦でスタートすることとなってしまいました。
 ああ、テンション下がるなあ……。
 リアン隊長が、憤怒してそうなので、次作戦は死ぬ気で頑張りたいと思います。はい。

 連邦軍の皆さん、勝ちましょう!! 頑張りましょう!!

★ボクがお世話になりっぱなしで頭が上がらないチーム(と言っても、どこのチームにも頭は上がらないのですが)リンクスナイツの、タツルさんが運営されているblog『a Ninetail - 機体の性能を活かせない男』をリンクに追加させて頂きました^-^
 私生活と、GNO2両方楽しめるblogな上に、強い人が何の惜しげもなく情報を公開している素敵なところです。これからは、リスペクトという名で編成を真似させて頂きましょう……ダメじゃん、俺……。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。