ハートブレイクのドキドキ日誌
GNO2・キャリフォルニア鯖にて日々ジオン軍と戦闘を繰り広げている連邦軍チーム【TIMBER WOLVES】の戦記(言い過ぎ)です。


プロフィール

ハートブレイク

  • Author:ハートブレイク
  • GNO2 キャリフォルニア鯖・連邦軍所属
    Team TIMBER WOLVES 隊員



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


順位も任務もへったくれもないわー!
 ハゲドリル部隊を一度解散してやった。
 言われて気づいたのだが、やつら皆同じ顔してるじゃないか。
 僕がギャグを飛ばすと、揃って同じ声・顔して微笑むのだ。

「うわ、きんも」

 というわけで、ハゲドリルイチゴウ~ゴゴウまでを解雇!
 ……と、思いきやイチゴウだけ顔が違ったので保留。

 美少女軍団を入れてやりましたよ……。


 詳細はまた明日!


お久しぶりです!
 ハートブレイク万年少尉であります!!
 二ヶ月ぶりの更新となるわけですが……リアル任務が忙しくてどうにもなりませんであります!!

 リアーーーンたあぁいちょおぉぉぉーーーーーーぅっ!!!!!@д@


 さて。
 そんな僕が久しぶりに日記を更新することになったのは、この画像が原因であります。

20060510.jpg



 ……終戦でもないのにこの盛り上がり。
 僕の部隊はゴミ捨て場か?
 と思ったら、金色の偉い人、タケ・ノブナガ様、やりすぎです@д@;


 ちなみに、リンクスナイツに入隊させて頂き、もう2クール目となりましたか?@д@;時が経つのは早いわけで…。
 そろそろ放浪の旅に出ようと思います。はい。


リアル任務が多すぎて…。
 会社の偉い(と本人は思っている)人が、大の模様替えファンで、僕達のデザイン部のスペースがフロアの中心になった。
 おかげで、ふんぞり返りながらGNOの世界に入ることが出来ない。
 うんざりしながら、それでも過ごした。
 一つだけ分かっていたこと この世界からの卒業。

 あ、間違った。尾崎じゃなくて。
 しかも世界じゃなくて会社だ(笑

 GNO2で出来た多くの仲間達。
 巨大チームにアンチを感じつつ、少数でプレイしていた日々。
 しかし、いざ飛び込んでみれば、それだけ素敵な出会いに恵まれたわけで。
 リンクスナイツの居心地が、とてもいい。
 24時間近く、人との交流が出来る。
 廃人養成チームである(笑

 戦地だけじゃなく、リアルでもお知り合いになりたい方々が大勢いる。とりあえず、まだまだ面白い出会いがありそう。

 頑張ろう。


 卒業を。


青龍隊にいます。探さないで下さい。
 探さなくても青龍隊にいますから!!!!!

 最近、リアル仕事が忙しく(言い訳なので以下ry
 ……とりあえず、会社の役員 全 員 死 ね !!!!!!!!!!


 えーと、まずはジオンのハイランカーを屠り、名前がテロップに乗る事件!!
 ねちっこくやっつけてやりましたわ!!(゚Д゚;)

 そして、ヅダを5万円で購入。現在倉庫で埃かぶってます。
 続いて、初グフ鹵獲。ぶらぼー!!

 リンクスナイツから、青龍隊に留学先を変更。
 というか、次の作戦から再びリンクスさんにお世話になるつもりが……。


 イチゴウからゴゴウまで、そろそろこいつらとつるむのも飽きてきたというか…もう誰も突っ込んでくれなくなってきたというか……。
 画像をちまちま編集して載せる時間もないので、この辺で。

 GNO2の歴史については何も記していないような……。


朝から本当気が抜けない状況
19位


「はぁ……はぁ……」

 機動警察パトレイバーという映画に出てきた柘植という男のように、僕は狭いコックピットの中で荒い呼吸をしていた。
 次から次へと迫り来るジオンMSの恐怖。

 負けたら……負けたら……順位が下がる!!

 この時期に、確定の輸送艦襲撃任務を引いて失敗したり、そういう無茶なことを素でやる部隊だったはずだ。
 それが、何でこんな順位になっているんだろう?
 ちなみに任務ランキングは、282位。何回か任務を達成したったわ。

 多くの連邦軍兵士達が戦術を研究している。
 戦闘機と戦車で、いかにジオン軍MSを効率よく倒すのか。
 僕は……ぶっちゃけ適当に闘っている。
 いや、適当という表現は適切ではない。
 ただ闇雲に、目の前の敵を全力で倒しにかかっている。

 にもかかわらず、ランクインしてしまった。
 ……不思議なこともあるものだ。


 昨日、連邦軍の奇跡、と影で囁かれているアフロ・セイ中佐とお話をした。
 僕のふたつ名、ドリルの部分が奇跡の人と共通していた。嬉しかった。
 言われた言葉。
「適当でも、いつか源泉を掘り当てることもある。泥だろうと岩だろうと、掘り進むのだ!」
 は、胸の奥深くに刻み込まれました。
 頑張りたいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。